未分類

損傷の度合い

おばちゃん脊髄損傷の診断は、MRIやCTだけではなく、X線も使って進めていくことになります。麻痺やしびれが出ていることが重要ですが、いったいどこで損傷が起きているかを判断するためです。これらの検査を進めていくことによって、はっきりさせることになりますが、損害賠償請求の段階でもめることが多いともいえるのは、神経の損傷ははっきりと映りにくいことが問題といえます。非常に高額な損害賠償へとつながっていくため、弁護士にも相談して進めることが必要です。

交通事故後遺障害の等級として考える場合でも、症状が重要なポイントになってきます。完全損傷は、患部が遮断されている状態です。神経の伝達機能は完全に失われている状況であり、感触は全く伝わりません。位置によって感触が亡くなる部分は異なり、脳に近づけばそれだけ範囲は広くなるといえます。場所によっては、自発呼吸もできなくなり、人工呼吸器も必要です。介護も必要になれば、後遺障害の等級は第1級1号にも認定されることがあります。

分類として不完全損傷の場合には、深刻な損傷を受けていることは確かですが、一部の伝達能力が残っています。感覚だけ残る場合もあれば、動かすことはできるといった機能が残ることもあります。状態によって後遺障害等級は大きく違いが出るといえるでしょう。


○関連記事○

未分類

ダメージの位置

手脊髄損傷は、かなり大きな意味を持つ後遺障害です。場所と程度によって大きく分かれていくことになるため、等級も細かに分かれていくことになります。中枢神経の損傷が起きると、再生することはほぼ不可能です。現在の医術では再生させることができません。完治することがないことが、後遺障害に大きな影響を与えることになるでしょう。完全に元の通りに戻らなくて手も、一部だけでも再生することはあります。

まだよくわかっていない部分でもありますが、仮に再生したとしても、つながりが戻るわけではなく、以前と同じようにはならないことが重要です。つまり、今後神経細胞の再生ができたとしても、まだまだ回復できるところまでいくのは、相当先のことになるといえます。

等級を考えるうえでも、脳に近い位置で損傷が起きれば、それだけ重篤な症状を引き起こすことが特徴です。脳の信号が遮断される位置が高くなるため、麻痺も広範囲に広がります。そのため、損傷部位によって分類分けされるようになっており、頸部はC、胸部はT、腰部はL、仙部や骨盤はSで表し、そこに上から細かく番号が振られているのが特徴です。具体的な位置もわかりやすくされていることによって、後遺障害としても判断しやすくなっているといえるでしょう。


○関連記事○

未分類

交通事故と脊髄損傷

交通事故大きなダメージを負ってしまうことがあるのが交通事故です。特に脊髄に大きなダメージを負うことは、重い障害を残す原因です。脳にある延髄から延長されてつながっていく部分であることが大きい要因ですが、背骨の中に脊髄が通っており、簡単には傷がつかないようになっています。それが交通事故の衝撃によってダメージを受けると、神経系に問題が出るようになり、機能障害が出ることになるでしょう。それだけの中枢神経であり、損傷は再生させて回復させることができません。リハビリによって、できるだけ機能を回復させようと試みることになりますが、症状もつらいものになるでしょう。

実際に脊髄損傷は、重篤になってしまうと、完治することは相当難しいことになります。脳からの指令を全身に伝える役目を持っており、脊髄損傷となると、介護をつけなければ、日常生活も送ることができないことも少なくありません。

脊髄損傷の実例だけを見れば、もっとも多いのは交通事故です。転落やスポーツによっても起きることがありますが、交通事故とは比較にならない数といっていいでしょう。損傷の程度によって段階がわかれていますが、交通事故によって重い障害を残すことも珍しくはありません。ただし、症状によっても細かく分かれてくるため、自分で判断するのではなく、医師の判断を仰ぐことが重要です。それでも、こうした知識を一般レベルで持つことが意味が出てくるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。


○関連記事○